スタジオ改修工事-其の37【暖簾サイン】

外部のサインとしては、先日の看板工事のブログで書きましたが、少し人目を惹くためと、
入りにくさや営業しているのかどうかを認識していただくために、暖簾を掛けられるようにしました。

「工務店らしくない」というご意見もあるかと思いますが、お隣り繁盛している老舗のうどん屋さん
「大正庵釜春本店」さんにあやかり、うどんを食べに来られた方の注意を少しでも惹けたらということが
狙いでもありますので大目に見ていただけたらと思います。

今回は通常営業用と、イベントを開いている時用、そして風雨の日用と3種類の暖簾を作成しました。


この写真は通常営業用の暖簾です。
暖簾自体は新潟の小千谷市の名産、小千谷縮で作りました。
小千谷縮(おぢやちぢみ)は新潟県小千谷市周辺を発祥とする苧麻を使った麻織物です。
独特の生地の強さと硬さ、色合いのとても風合いのある生地です。
小千谷縮について詳しく知りたい方はこちら


デザインはサン工房岡崎スタジオのオレンジと青の〇のマークを渋い色でデフォルメしています。

イベントを開いている時用の暖簾については、岡崎スタジオにいらした時のお楽しみということで。