これから家づくりをお考えの方へ【家づくりは自分との対話】~木の家設計作法-其の455~

「良い家」とはどんな家でしょうか。

ひとそれぞれ様々な価値観や表現があると思いますが、

私は完成した時に「良い家」だなと感じる家ではなく、

実際に永く暮らしたうえで「良い家」だと感じる家が本当の「良い家」だと思います。

 

そのような意味で、家づくりの第一歩は

「どんな家を建てようか」を考えるのではなく、

「どんな暮らしをしたいか」をしっかりと考えることから始めたいものです。

刈谷市で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ

 

施主であるお客様には、建築主である自分と、住まい手である自分との

 

そのような対話から家づくりをスタートをしていただきます。

 

しかし、予算など、様々な制約を抱えた建築主と、

 

いくつもの夢や希望を持った住まい手との対話(折衝)は、

 

必ずしもスムーズにいくとは限りません。

 

多くの場合、住まい手の希望がすべて叶えられることはないでしょう。

 

そこで両者の協調のために必要になるのが、

 

私達家づくりのプロがじっくりとお伺いしながら、

 

住まい手の希望に優先順位をつけることです。

 

改めて「どんな暮らしをしたいか」をじっくりと考え、

 

これだけは譲れないというものを選び出すのです。

 

この「じっくり自分と対話していただく」というプロセスこそが、

 

家づくりにおいて最も大切なことではないかと私たちは考えます。

 

名古屋市で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ

「燕居の家」(大屋根の下ご家族5人が楽しく暮らす家) 詳しくはこちら