きれいな家のつくりかた【美しい軒-1】~木の家設計作法-其の454~

軒の出、軒の高さは設計の重要ポイントです。

以前、屋根は家の顔であり、屋根から考えると言いました。

 

しかしもっと深く考えると、

軒の出や軒の高さが屋根を形づくっている大きな要素だとしたら、

軒が家の顔と言っても過言では無いのかもしれません。

私たちは断面計画の際、または実施設計の矩計(詳細断面図)の検討において、

軒の出と軒の高さは、㎜単位で綿密に検討します。

 


「月こよひの家 矩計図」

 

勾配や軒の出、軒裏は垂木を見せるのか、隠すのか、隠す場合の素材は?など軒先には神経を使います。

 

上棟が終わり、それだけ検討した軒を見ると、

何とも言えない、ゾクゾクするような気持ちになります。

きっとそれだけ軒というのは重要かつ、日本人を魅了する建築の部分なんだと思います。

 

代表:袴田英保

 

「月こよひの家~庭完成~」(現代数寄屋の家・軒が深い平屋) 詳しくはこちら