木の家設計作法‐23【家の名前。】

私たちは一邸一邸、家に名前をつけています。
なぜなら一緒に育てた家に末長く愛着を持って住んでいただきたいという思いからです。

名前はその家の特徴だけでなく、住まい手の想いなどをヒントに付けさせていただきます。
時には禅語などを入れた四字熟語の時もあれば、
ご家族が愛着を持って言っていただけるような名前を付けることもあります。
名前を考えるときは、四字熟語の本やパソコン、いろんな資料を見ます。
時には何日も悩むこともよくあります。

そんな名前のひとつに「葵花向日の家」というご家族4人が住まわれている大屋根が特徴の家があります。
この名前は太陽に向かって満開の花をひろげる向日葵のように、
ご家族がいつも満開の笑顔で過ごして欲しいという願いを込めて付けた名前です。

名前を考えることはある意味プランを考えるよりも悩んでしまうこともありますが、
名前に想いを込めることで、私たちもより一層、自分たちが設計した家に愛着を持ち続けることができるので、
これからも、想いを込めて名前を考えさせていただきたいと思います。

「葵花向日の家」(大屋根・ガレージのある家) 詳しくはこちら