ものづくりで大事なこと【既成概念と発想】~木の家設計作法-其の457~

私たちの社会通念というものは、

法的なものや慣習による既成概念によって成り立っています。

それは建築も然りです。

つまり、建築を構成するものはそのほとんどが、

基本的な既成概念に寄って構成されていきます。

例えば玄関というものひとつとっても、

土間があって、上がり框があって、下駄箱があって、カウンターがあるというような、

一般的な形で作られることが多いものです。

それはごく当然のことだと思いますが、

時に、住まい手の使い方を考慮しながら、

全然違う発想で考えた時、

特に下駄箱が無かったりしても良いと思います。

要はその住まい手の使い方や住み方によって、

まずは規制概念に囚われず、

自由な発想でまずは考えることが大事なのことだと思います。

 

代表:袴田英保

「Cut studio Riparo」(木の香りがする美容室・心地良い空間の美容室) 詳しくはこちら