ブログ詳細ページ

2022.05.17(火)

【落ち着く感覚】~職人からの目線 其の18~

こんにちは。

 

コーヒーを飲むとき、カップはいつも決まったものを使う長谷川です。

 

皆さんも、お気に入りのカップやグラスがあるのではないでしょうか?

 

カップの淵の薄さや、持ちやすさなど、お気に入りのポイントは人それぞれですが、

 

全て人の感覚で判断されると思います。

 

カップや箸は、薄さや素材で口当たりが変わり、さらに味覚まで影響します。

 

人が物に触れる時、その瞬間、感覚でしか分からない事が多いです。

 

家づくりでも、人が触れる箇所はたくさんあります。

 

今回は足で触れる場所『床』の紹介です。

 

サン工房では床は本物の木(無垢板)を使うこと多いです。

 

もちろん木の種類で肌触りが変わることは、皆さんも承知の上でしょう。

 

もう1つ、肌触りを変えるものは仕上げにあります。

 

『悠悠閑閑の家』にも、事務所でも使われている『なぐり加工』です。

 

スプーンカットやナイフカットとも呼ばれています。

なぐり加工 床板 スプーンカット

この加工によって、優しい滑らかな曲線で無造作な影が作られ、

 

見た目からも柔らかい雰囲気が出ます。

 

さらに、思わず素足で歩きたくなる肌触りが足を通して感じとられ、

 

視覚と触感の2つを刺激して、心まで届き、落ち着きへと変えてくれます。

 

もう自宅でスリッパは不要です。

 

くつろぎたい場所に、この床は必須ではないでしょうか。

 

さあ、この床に触れてみませんか?

 

事務所では、いつでも体験可能です。

 

さらに完成見学会予定の豊明市『悠悠閑閑の家』にも使用されていますので、お楽しみに。

 

注文住宅に関するご相談、リフォームその他
ご相談がございましたら、
フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

[営業時間]平日/休日・祝日 9:00~18:00