閑穏の家

かんのんのいえ
愛知県日進市の大屋根が特徴の家です。昔からある閑静な住宅地の約50坪の敷地に建築しました。敷地の南西側には隣戸がせまっていますが、南西側には梅の畑があり、そちら開く形で計画しました。これまで飼ってきた猫2匹も一緒に住むので、猫の部屋や建具なども設計に盛り込みました。高気密高断熱な家ですが、大きな軒や開口部、ちょうど良い高さの吹抜け天井により、いつまでもそこに居たくなるような五感で快適さを感じる家です。