行雲流水の家

こううんりゅうすいのいえ
これまで家族で過ごした思い出をたくさん残しながら、新しい家族の場面をたくさんつくっていける家になればと思い設計しました。
二階から降りてくる大屋根と、大きな軒の出の一階部分の屋根がつながる流れるような建物形状が特徴の家です。
リビングの大きな木製サッシからは、かつてお父様がとても大事にされた自慢の庭が一望できます。
高い基本性能だけでなく、薪ストーブも設置され、とても夏涼しく冬暖かい1年中快適に過ごせる家になりました。