2021.03.19(金)

  • 代表ブログ
  • 設計作法
  • HOME
  • ブログ
  • 愛知県で長期優良住宅をつくる 【国産材、地域材を使う意味】~木の家設計作法‐其の147~

愛知県で長期優良住宅をつくる 【国産材、地域材を使う意味】~木の家設計作法‐其の147~

高音多湿な気候の日本では腐朽菌が発生しやすく、
白蟻などの病害虫も数多く見られます。

このような環境の中、森林で何十年、何百年と生き続けている国産材や地域材には、
日本の気候風土に対する耐性(防腐や防虫性能など)が備わっている為、
結果として耐久性が優れた木材となり、永く住み継ぐことができるのだと思います。


「幸漆の家・幸然の家」(完全分離型二世帯住宅・現代町家の家) 詳しくはこちら

注文住宅に関するご相談、リフォームその他
ご相談がございましたら、
フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

[営業時間]平日/休日・祝日 9:00~18:00