2021.02.03(水)

  • 代表ブログ
  • 設計作法
  • HOME
  • ブログ
  • 岡崎市の設計事務所が考える良い家づくり【開口部の設計-2】~木の家設計作法‐其の121~

岡崎市の設計事務所が考える良い家づくり【開口部の設計-2】~木の家設計作法‐其の121~

開口部の役割はいくつかありますが、その中のひとつに景色を取り込むということがあります。
フレーミングという言葉がありますが、見せ方を変えることによる心理作用のことを言います。
開口部におけるフレーミングとは、窓などによって切り取られた風景が、
外部で直接見る風景と全然印象が変わることを言います。


「幸漆の家・幸然の家」(完全分離型二世帯住宅・現代町家の家) 詳しくはこちら

庭や景色が良く見えるように、開口部の大きさや配置を工夫することで、
フレーミング効果によってとても魅力的な外部とのつながりができます。
私たちは開口部について、常にそのようなフレーミングよって切り取られた景色を意識して設計しています。


「まるたけ堂珈琲・くつろぎ庵」(カフェ・庭を愉しめるカフェ・ヨガ教室) 詳しくはこちら

注文住宅に関するご相談、リフォームその他
ご相談がございましたら、
フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

[営業時間]平日/休日・祝日 9:00~18:00