2021.06.26(土)

  • 代表ブログ
  • 設計作法
  • HOME
  • ブログ
  • 岡崎市の木の家工務店サン工房岡崎スタジオから 魅力ある間取りづくりの極意【つながりのある仕切りかた】~木の家設計作法-其の223~

岡崎市の木の家工務店サン工房岡崎スタジオから 魅力ある間取りづくりの極意【つながりのある仕切りかた】~木の家設計作法-其の223~

広さには限りがあります。その限りある広さの中で、壁で部屋を仕切っていけばいくほど、

家は狭く感じてしまうと思います。かといって、仕切りたいという要望があっても、

何も仕切らずにひとつの空間にしておくわけにはいきません。

 

そんな時、なるべく狭く感じずに空間を仕切る方法として、

私たちは造り付けの格子で仕切ったり、格子の引戸を設置します。

 

「風趣・ゆらぎの家」(現代数寄屋の家・瓦屋根の家) 詳しくはこちら

 

特に格子の引戸は仕切りたいとき閉めたとしても、壁で仕切るのとは違い、

格子の合間から向こう側が少し垣間見れたりすることで、気配や空間の奥行きを感じることができます。

 

このようにつながりのある仕切りを上手に利用し、機能を満たしながらも、

つながりのある空間づくりの提案をしたいと思います。

 


「うたう坂の家」(ピアノがある家・中庭がある家) 詳しくはこちら

注文住宅に関するご相談、リフォームその他
ご相談がございましたら、
フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

[営業時間]平日/休日・祝日 9:00~18:00