風光る平屋

かぜひかるひらや
住まいの中に非日常的な、そして心に残るような空間をたくさん造る事をテーマに設計させて頂きました。日々の多忙な生活の中にあっても、我が家で過ごす至福の時が心と身体を癒すことに繋がれば嬉しいです。中庭を囲む住まいは、交通量の多い東側道路や周囲の隣家からの視線を気にすることなく、心静かにくつろげる空間を造り上げる事ができました。                                         格子に囲まれた、少し幻想的な雰囲気を感じさせるアプローチを通りながら玄関に向かいます。建物の平面計画をH字型としてその中央部分に家族が永い時間寛ぐリビングを配置しました。周囲からの視線を程よく遮りつつ、景色を取り込むことで内外が連続して見え、広がりのある空間とすることが出来ました。リビングの天井は構造材である梁の組み方を水平梁とせず、斜めに梁を架ける事でより一層大空間を創り出すことが出来ました。リビングの天井付近には連続した開口部を4間程設ける事で家の中に吹き込む心地良い風がまるで光って見えるような演出を施しております。