ギャラリーそれから

ぎゃらりーそれから
六間道路の脇、自宅敷地内に建てられたギャラリー兼アトリエ。「それから」と命名したのは、「いろいろな人が自分の作品を展示するギャラリーとして利用していただき、ここを通過点としてそれぞれの道を歩んでいってほしい」という思いが込められています。
繊細な数寄屋造りの建物も、たおやかな局面が印象的なむくり屋根の庇部分を銅板葺きとしたため、やがて緑青が生じるなど、時の流れとともに表情を変化させていくことでしょう。
歳月を重ねるごとに味わいが増していく、風情のある建物です。