スタジオの風景-其の5【11月1日 本日のスタジオ】

今日から11月1日。
11月は旧暦において『霜月(しもつき)』と呼ばれ、現在では新暦11月の別名としても用いられていますが、
「霜月」は文字通り霜が降る月の意味で、朝晩は冷え込み、冬に向かっていくという意味合いでつけられているそうです。

今朝の岡崎スタジオも事務所内の温度は14度でした。ちなみに外の気温は10度でしたので、かなり外気温に近い温度まで
下がっていたことになります。
岡崎スタジオの事務所は屋根が折板葺きで、壁はサイディングですが、断熱性能については、図面に壁、天井とも
グラスウールが厚さ50㎜と書いてあります。またサッシはペアガラスのアルミサッシにはなっているのですが、
性能的には単純には言えませんが、今私たちの建てている建物の半分以下というところかと思います。

ちなみに私の家は13年前にサン工房で建てましたが、今朝は室温が23度でした。当時は今よりもだいぶ断熱性能は劣ると
思いますが、リビングのエアコンを21時~23時の2時間つけていたことと人が居たとは言え、違いは明確であることがわかります。

窓の大きさや位置、そして軒の出を計算することで、冬においても、昼間の日射がたくさん入るように設計したり、
断熱性や気密性を高めることは、やはり快適に住むことに関しては重要であることが今朝の室温を見ることでも良くでわかりました。

ちなみに今朝は初めて岡崎スタジオのガスファンヒーターに着火しました。このファンヒーターは空気清浄機能もついた優れものです。
エアコンも動かしましたが、温まるまでの初動スピードが全然違います。これからはこのファンヒーターにお世話になりそうです。

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

さて、本日も岡崎スタジオはいつでも御覧になれます。
岡崎スタジオではいつでもサン工房の家の動画が見れるだけでなく、絵や書も御覧になれます。

また本日は木の家マンションリノベーション相談会も開催しております。
中古マンションのリノベーションをお考えの方はこの岡崎スタジオの事務所を見ていただければ木の家のリノベーションを
イメージしていただけるのではと思います。

サン工房岡崎スタジオの場所は岡崎市中岡崎町です。
名鉄名古屋本線の岡崎公園駅と愛知環状鉄道中岡崎駅のロータリーの手前に位置します。

桜並木の桜の葉もだいぶ落ちました。
澄み切った空がとても気持ちの良い日になりました。
是非一度遊びにいらしてください。