設計日記‐其の2【行雲流水の家 実施設計中】

サン工房岡崎スタジオの記念すべき第一棟めとなるのが岐阜県可児市に建築予定の「行雲流水(こううんりゅうすい)の家」です。

母親の記憶が残る土地に、新たに娘さんご家族と一緒に住む3世帯住宅を建て替えで計画しています。

お父様がこれまで管理されてきた立派な庭を生かした庭の改修も今回ご提案しています。
間取りはみんなで食事を愉しめる大きなダイニング空間を中心としたプランです。
外観は一部二階の高さが抑えられた平屋風の大屋根が特徴です。
実施設計の最初の段階でにおいて手描きの矩計スケッチで、綿密に高さを検討しました。
リビング空間は吹き抜けで解放感を感じながら、全体的には高さがなるべく抑えられた
外観になるように細かく寸法を決めていきました。

良い家になるように、実施設計の最終段階を頑張りたいと思います。