木の家設計作法‐其の65【場所の声を聴く。】

住まい手の要望をお伺いした上で、まずはその敷地にじっくりと立ちます。
そして近隣の家並み、周囲の風景、風や光や音を含め敷地に立ってその場所を時間をかけて観察します。

すると、ぼんやりとそのご家族が将来この場所で過ごすあたたかなイメージが浮かんできます。


「好文木の家」(二世帯住宅・軒が出た切妻の家) 詳しくはこちら

家の配置や間取りを決めるゾーニングという作業に取り掛かるにあたり、
私たちはこの最初のイメージを大切にしたいと常に思っています。
なぜならその場所が教えてくれた、つまり「場所の声」を設計のテーマの元とし、
それを練り上げ、しっかりとしたコンセプトを捉えて設計した家は、
芯の通ったいい家になると信じているからです。

設計作業においては、もちろん細やかなところにも細心の注意を払いながら進めていくわけですが、
やはり最初は、敷地と向き合うことで生まれたイメージや着想を大切にし、
大きな主眼をもって設計をはじめたいと思っています。


「一竿風月の家」(瓦の大屋根の家・現代数寄屋の家) 詳しくはこちら