木の家設計作法‐其の54【住宅設計への想い】

“家族が家族らしく”過ごすということは、常に家族の気配を肌で感じながら過ごすということ。
そして、家族の想いは通り、または交差する場をつくることだと思います。


「好文木の家」(二世帯住宅・軒の出のある家) 詳しくはこちら

いたずらにリビングの広さや豊かさにこだわるのではなく、
「想いに応える空間」「日々が息づく場所」を育みたいと思います。

住まい手に馴染んだ家にするために、遠い日のささやかな経験にも目を向け、
心情の機微を計り、これからの住まいに生かしたいと思います。

充実した家族との生活の場の記憶「場面」をつくることができるような
環境や空間を持った住宅がもっと必要だと思います。


「祖偲ぶ家」(平屋・多世帯近居の家) 詳しくはこちら