家を建てる意味【落ち着いて暮らす】~木の家設計作法-其の467~

安心感を感じながら、落ち着いて暮らすためには、道路からの視線を隠す必要があります。

特に車や歩行者の多い道路が南に面している場合などはプランの段階からしっかりと検討しておくべきでしょう。

 

具体的に視線の隠し方としては、

①建物で庭を囲い道路からの視線を隠す

愛知県で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ

②板塀などの塀で囲う

➂樹木で視線を遮る

豊田市で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ

など様々な方法があります。

 

②の板塀で囲ったり、➂の樹木で視線を遮るは主に外構や庭工事での施しではありますが、

①の配置計画同様や間取りの計画の段階からしっかりと検討しなければ実現できませんので設計者と初期の段階で検討したいところです。

 

私達設計も敷地条件や暮らし方をしっかりと考慮しながら、安心して落ち着いて暮らしていただくための囲いかたをご提案したいと思います。

 

代表:袴田英保