心地良さの追求【灯火の5W1H】~木の家設計作法-其の451~

照明計画において、住まい手の方から

「なるべく明るくして欲しい」ということを言われることは少なくありません。

また設計者側から、住まわれてから「暗い」と言われないようにするために、

明るめの照明を選んでしまったり、照明の数を増やしておく、なんてこともあります。

 

名古屋市で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ

「和敬静寂の家」(中庭とガレージがある平屋) 詳しくはこちら

 

 

ある建築家が

「明るければ良いというのは、お腹が膨れさえすれば良い食事と同じ」

と言っていました。

この建築家が言いたかったのは、

照明計画は住まい手の、

「誰が、いつ、どこで、何を、どのように(5W1H)」を把握した上で、

「適光、適所、適時」を心掛けることが大事だということだと思います。

単純に明るさだけを求めるのではなく、

住まい手がどのような灯火(あかり)を必要としているかをしっかりと把握した上で、

様々なシーンにかなう明るさ(灯火)をご提案したいと思います。

 

代表:袴田英保

 

日進市で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ

「閑穏の家」(こだわりの照明や家具と暮らす) 詳しくはこちら