【家づくりは対話から「原風景」】木の家設計作法-其の408

設計で大事にしたいもののひとつに、住まい手の「原風景」というものがあります。

「原風景」はひとそれぞれです。例えば、縁側から眺めた庭の景色や、

簾越しの夏の陽、納戸のかくれんぼ、夕暮れどきの庭でのキャッチボール…

 

名古屋市で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ

「続・歴史が生きる家」 (集まって暮らす多世代の家・薪ストーブがある家)

 

おそらく「あなたのこれまでの原風景(想い出)は何ですか?」

と問われると、最初は戸惑うかもしれませんが、

多くの方が子供の頃の遠い日に想いを馳せるでしょう。

そして、やがてあることに気付きます。

 

それらの想い出が何気ない日々にあったことを。

だからこそ、私達は家を設計する時、広さや仕様にこだわるのではなく、

家族との場面や想い出を育める場所づくり、日々が息づく場所づくりをしていきたいと思うのです。

代表:袴田英保

 

岡崎市で和モダンな木の家/サン工房岡崎スタジオ
「いなかみちの家」(いなかの風景に建つ家・大きな軒下がある家) 詳しくはこちら