木の家設計作法‐其の10【家のプロポーション】

私たちはエスキースの段階で何度もスケッチしながら、家のプロポーションを整えます。
ではプロポーションのいい住宅とは、どんな建物なのでしょう。

プロポーションの意味は割合、比率、正しい関係、均衡、釣り合い、調和などですから、
住宅の内部に関して言えば、各部屋の大きさのバランスがいい家が、プロポーションがいい家ということになります。
大きい家には大きいなりの、小さい家には小さいなりの部屋の大きさ、空間の大きさがあると思います。


「波の音の家」(二階建・大屋根) 詳しくはこちら

また、家のプロポーションは、大きさの観点だけでなく、各部屋の縦横のプロポーションや、
建物と庭のプロポーション、外観のプロポーションでいうと、屋根の大きさ、軒の出、開口部の位置や大きさ、
壁との面積の比率など様々な視点から考える必要があると思います。

私たちは、住まいの設計にあたり、あらゆる角度から見てもプロポーションの良い家を目指してしっかりと検討を重ねたいと思います。


「星垂る灯の家」(二階建・土間) 詳しくはこちら