現場の風景-其の9【月こよひの家完成-4】

現場による提案と工夫もたくさんあった「月こよひの家」
今回はそのうちのいくつかをご紹介したいと思います。

ダイニングの北側にあるRの神棚と飾り棚です。
下の飾り棚は神棚の下についているスポットライトで照らされますが、
30㎜板の上下には器具も配線も見えないように、
大工さんと電気業者さんがつくってくれました。

玄関ホールの階段は真ん中の桁だけで支えられていますが、バタつきがないように、
段板の下を補強し、意匠的にも面白いデザインにしてくれました。

トイレの棚板にはトイレットペーパーを置くように設定されていますが、
見えない様にとペーパーBOXを手づくりで作ってプレゼントをさせていただきました。
これも現場担当と担当大工さんからのサプライズプレゼントです。


箱は季節によって変えることができるように、四季それぞれの花を透かし彫りにしました。
透かし彫りにした花の名前とその意味も書いてお渡ししました。


このように住まい手のために、考えることや、ひと手間加えることを、最後まで惜しまず丁寧に
施工してくれた現場担当と担当大工さんには本当に頭が下がると同時に感謝します。
そして何より、私たちを最後まで信頼し、私たちの提案を快く受け入れてくださった建て主さんに
感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

これからもこのように一邸一邸丁寧な家づくりに励んでいきたいと思います。